ブレゲのトゥールビヨンといえば、シンプルな2針の丸いローマ数字文字盤で大きなブリッジの、

有名なクラシックトゥールビヨンを思い浮かべる方も多いのではないでしょうかそれは1988年発表の手巻きのクラシックトゥールビヨンで、実は今現在ブレゲのトゥールビヨンは

懐中時計も含め、12種類もあるんですよ今回ご紹介する自動巻きトゥールビヨンは2004年発表で、この年ブレゲはチタン製テンプの特許を取得、二年後の2006年にはシリコン製のひげぜんまいと脱進機機構を導入しています以前私がブログでご紹介した“グランフーエナメル”(「ブレゲの伝統と歴史の象徴“ブレゲクラシック5178”」)の回でも触れましたが、時計の心臓部分であるひげぜんまいにシリコンを採用することで、磁気の影響を全く受けず、重力による変形がありませんシリコンは腐食にも強く衝撃にも強い、万能の素材なのです1801年、フランス独自の暦の読み方“第9年メシドール7日”(共和歴といい、共和国誕生を記念して1792年から1806年まで使われていました)アブラアン ルイブレゲは“トゥールビヨン”の10年間の特許を世界で初めて取得します彼は人間のあらゆる活動に伴う重力こそ時計の敵であると考え、腕に装着をして姿勢が変わるごとに重力によって内部に変化が生じることに気付き、観察をしていたそうですそこで、一分間に一回転する稼働キャリッジの内部にテンプ、ぜんまい、ガンギ(最も重力の影響を受けやすい部品)を格納してテンプを回転させるという画期的な方法を思いつきました最初のトゥールビヨン(初めて商品化された)は、ブレゲの息子によって完成された1805年ですこの発明は翌年のパリ国内博覧会で一般に広く披露されました水平でも傾いた姿勢でも、同じ精度を維持する時計のメカニズムとして紹介されたトゥールビヨンは、その他の時計師達や愛好家達にとって衝撃的かつ感動的な出来事で、現在も変わることなく人々を魅了し続けています製造が極めて困難な上、つくれる時計師がたったひとりだった故、発表年からアブラアンルイ・ブレゲが死去した1823年までに販売されたトゥールビヨンの数は僅か35個だったそうです今なお続く彼の後継者達は、この比稀ない卓越した技術を永続させつつ、新たな技術を生みだす為に日々研究しています。その成果は2013年、ついにブレゲ史上最薄7mmというトゥールビヨンを開発したことで明確になりましたこの薄さの秘密は、通常ムーブメントの上に来る扇形のローターを、ムーブメントの外周に双方向回転のU字型プラチナローターを配したことです従来のクラシックトゥールビヨンのパワーリザーブが50時間だったのに対し、最新型は80時間も備えていますそして今回私がご紹介するトゥールビヨンは、なんと5日間ものパワーリザーブを備えているのです最新型のローターは細長いため、ギョーシェも少ないのですが、こちらは従来のサイズのローターですこの裏蓋から覗くギョーシェの見事なことといったら・・・!

ローターにはブレゲの頭文字である美しく誇らしげな“B”、その縁を飾る月桂樹の葉月桂樹はギリシャ神話の太陽神アポロンの木とされ、その枝で編んだ冠を英雄に授けることから、栄誉という意味を持っていますブレゲスーパーコピーの最高峰であるトゥールビヨンを飾るに相応しい模様ですよねこれらのギョーシェは、熟練した時計師の手彫りによるものです一ミリの失敗も許されない、機械と手を使った緻密な究極彫金技術、まさに芸術作品そのものです機械を使った彫金は、100年以上も前に設計・製造されたギョーシェ彫り機を用い、金属板の上に

10分の1mm単位でこちらも人の手で繊細な模様を作っていくのですギョーシェはその場所により、さまざまな違う模様のものが組み合わされて完成されます鋲打ち(スタッド)と呼ばれる“クル・ド・パリ”、石畳のような“パヴェ・ド・パリ”、太陽の光のような“ソレイユ”、麦の穂をモチーフとした“バーリーコーン”(グレンドルジュともいうそうです)、

ジュネーブで行われた(国際高級時計サロン)は、今年で回目を迎えるカルティエ「タンク アングレーズ」。自動巻き、ホワイトゴールド、ケースミリミリ。月発売予定。万,円(税込み予価)

カルティエスーパーコピー「タンク ルイ カルティエ XL エクストラフラット」手巻き、ピンクゴールド、ケースミリミリ月発売予定。万,円(税込み予価)

「タンク ルイ カルティエ XL エクストラフラット」のケース厚はミリ。タンクのコレクションの中でも最薄であり、よりエレガントさが強調されているヴァン クリーフアーペル「ピエール アーペル」。手巻き、ピンクゴールド、ケース径ミリ。月発売予定。万円(税込み予価)

ヴァン クリーフアーペルの創業第二世代のひとりであるピエール・アーペルは、エレガントな男として知られた。当時の写真を見ると、腕に新作のモチーフとなった丸型ウォッチが着けられているピアジェ「グベナー」。自動巻き、ピンクゴールド、ケース径ミリ。月発売予定。万円(税込み予価)

今年も月中旬から、スイスのジュネーブで(国際高級時計サロン)が開催された。世界中から有力バイヤーが集まる見本市ではあるが、私たちプレスにとっては、新しいモデルの腕時計をいち早く取材する重要な機会となっている毎年このジュネーブサロンを訪れていると、「時代がどんな男性像を求めているのか」を腕時計の新作の傾向から推測する習慣が身についてきた。ミニッツリピーターやトゥールビヨンといったコンプリケーション(複雑機構)搭載の時計が重宝がられた年代初頭は、ハイスパートに数字を競うベンチャー起業家の時代と重なる。続いて人気を博したのは、ダイバーズウォッチだけどケースはピンクゴールド素材といった、ラグジュアリースポーツとくくられる腕時計。文字通り、タフで艶っぽい男が求められていることを象徴していたように思うそれでは、今年のジュネーブサロンで発表された新作から推察した、「いま求められる男性像」とは。ずばり、エレガントな男である。落ち着いた品格と知性、そして華美ではないバランスのとれた優美さ。アグレッシブな男が理想とされたここ数年の趨勢からは、大きく舵が切られたように感じたのだまず象徴的であったのは、エレガントな腕時計の頂点といってもいいカルティエのタンクに、いくつもの新モデルが登場したこと。「タンクアングレーズ」は、やや丸みを帯びたケースの縦枠にリューズを組み込んだ、モダンなデザインが特徴の新作。現行モデルに「タンクフランセーズ」や「タンクアメリカン」といった名品があるが、これらに続く新モデルとしてイギリスの名を持つ新作が登場したわけだ。これらは、カルティエ三兄弟が初期にブティックを構えた都市(年にパリ、年にロンドン、年にニューヨーク)にオマージュを捧げたコレクションである代目当主であるルイカルティエをモデル名にした「タンクルイカルティエエクストラフラット」は、アールデコの直線的な美しさはそのままに、ミリという薄さを実現した新作名門ジュエラーとして名高いヴァンクリーフアーペルは、創業第二世代のひとりの名を冠した「ピエールアーペル」を発表した。エレガントを愛する彼が、年に自分自身のために作った丸型の腕時計がモチーフ。ダイヤル中央には、このブランドの菱形ロゴを想起させるハニカム状のギョーシェ彫りが施されているピアジェにはエレガントな薄型時計のモデル「ピアジェアルティプラノ」という人気シリーズがあるが、今年はこれに加えて新作の「グベナー」が登場した。丸型ケースでありながら、ベゼルのシェイプに変化が付けられて、フェースは縦長の楕円。個性的なデザインから、グベナー(統治者)という名に相応しい品格が感じられる腕時計は、男たちに許された数少ない装飾品のひとつ。ただ時刻を知るためだけに着けるのではなく、自らが思い描く理想の男性像をここに重ねてみるのもいいと思うのだが足を運ぶ理由のあるショップ、厳選62軒!

ファッションの魅力にはさまざまな要素がある。新しさ、華やかさ、瑞々しい若さ、セクシーな誘惑性……。そんな中でも実はとりわけ受け入れやすい大きな要素は、エレガンス(優雅さ)なのかもしれない。では、エレガンスとは何か?東京・銀座の松屋銀座階イベントスクエアで開かれている「グレース・ケリー展― モナコ公妃が魅せる永遠のエレガンス ―」(日まで)は、そのことを改めて実感させてくれる年代にハリウッド映画界のトップ女優からモナコ公国の公妃に転身したグレース・ケリーは、美しい容姿だけではなく筋の通った生き方を貫き、今でも多くの人々を魅了し続けている。日本・モナコの友好周年を記念して開かれた今回の展覧会では、多くの写真や映像のほかに、公務やプライベートで身に付けた服やジュエリー、また彼女の手による押し花作品など約点が展示されているグレース・ケリーは年、米ペンシルベニア州の古都フィラデルフィア生まれ。レンガ製造で財を成した裕福な家に育ち、歳の時に俳優を志してニューヨークの演劇学校で学んだ。映画界に入ってからは、ゲーリー・クーパーと共演した映画『真昼の決闘』(年)で人気を高め、ビング・クロスビーと共演した『喝采』(年)ではアカデミー賞主演女優賞を獲得。計本の映画に出演し、その美貌(びぼう)と気品に満ちた雰囲気で“クール・ビューティー”と称えられた年にカンヌ映画祭で出会ったモナコ大公に見初められて結婚。人の子を育てながら、公妃としての役割や社会的活動にも熱心に取り組んだ。だが、年に交通事故のため歳の短い生涯を閉じた展覧会では、会場入り口近くの垂れ幕に女優、公妃、母親とそれぞれの場での大きな写真が映し出され、また彼女が表紙を飾った「ライフ」や「タイム」などの雑誌、主演女優賞の実物トロフィー(オスカー像)などが並ぶ。クール・ビューティーらしい多くの写真と並んで、家族とのプライベートな場面での素直な優しい表情が印象的だ中でも圧巻なのは、公式の場での実物ドレスの数々。バレンシアガやシャネル、クリスチャン・ディオール、イヴ・サンローランといったオートクチュールのブランドが並ぶ。そのどれもが落ち着いた色とすっきりとした形で、彼女らしいエレガントさがうかがえる。また、より日常的に愛用していたシャネルやディオールなどのスーツからは、流行とは関係のない確かなスタイル感覚が伝わってくる彼女の名を冠したエルメスのケリーバッグや、世界初公開というダイヤモンドを個も散りばめたティアラなどからも同じ香りが漂ってくる。その一方で、小さなクラッチバッグに描かれた動物のとぼけた図柄から、家族写真と共通するような優しいユーモア感覚もうかがえるこうした品々や写真、そして彼女の経歴を通して感じたのは、エレガンスというのは生き方に関わっているということだ。両親や人姉妹の中でも一番目立たず、父親からも愛されなかった。引っ込み思案だったその彼女が、演劇への道を強い思いで貫いた。公妃と人の子の母親としての役割を立派にこなしながらも、国の緑化計画やチャリティーなどの社会活動、趣味の創作活動にも励んだ。自分がしようと思っていることや、今やるべきことへの強い意志が、彼女のエレガンスを支えていたようだグレース・ケリーといえば、もう一人連想するのはオードリー・ヘプバーンだろう。こちらはより可愛いイメージだが、エレガントさでは共通している。どちらもアメリカで活躍した映画女優だった。ジバンシィはヘプバーンが着たことで世界に広まった。シャネルを評価して成功させたのもアメリカのマーケットだったし、ディオールの優雅さを最初に称えたのもアメリカのファッション誌の編集長だったパリ発の服やアクセサリーのエレガンスというのは、物そのものよりもそれ以上にそれを身に付ける側の生き方やそれを評価する感覚に支えられている。考えてみれば当たり前のことで、パリの高級ブランドを身に付ければ誰でもエレガントになるわけではない。あくまでも誰が身に付けるかどうかにかかっている。言うまでもないが、アメリカ人のエレガンス感覚が平均的に高いわけでは決してない。

コルム アドミラルズカップ クォーツ SS ラバー Ref.039.430.20/V791 AN32 ブラックダイアル【未使用】【中古】【レディース】

付属品無し レディース 商品について メーカー コルム モデル アドミラルズカップ クォーツ SS ラバー Ref.039.430.20/V791 AN32 ブラックダイアル ムーブメント クォーツ ケース SS 29mm ブレスレット ストラップ SS/Ru 17cm 付属品 付属品無し 状態 A 未使用【精度確認済み】 コメント コルムスーパーコピーのアドミラルズカップは1960年に登場し、ファースモデルモデルは角形時計初の防水時計のひとつで裏蓋にモデル名とヨットが刻まれたシンプルなものでした。アドミラルズカップとは英国のセーリング・クラブであるロイヤル・オーシャン・レーシング・クラブのメンバーによって1957年より開始されたヨットレースの名称で、セーリング競技の中でも過酷な伝説のレースです。1983年に大胆なモデルチェンジを行いアワーマーカーに国際信号旗を用いた事で注目が集まり、コルムを代表モデルになりました。2006年にモデルチェンジをした、こちらのモデルは国際信号旗がベゼル上に表示され、ダイアル上でアップライトの夜光インデックスをアワーマーカーとして用いることで、高い視認性を生み出しています。80年代のモデルと比べるとスポーティーで時計らしくすっきりとした普段使いがしやすいデザインになっています。こちらはブレスレットにラバーを使用したモデルで、よりスポーティーでカジュアルな印象を受けます。未使用品なので非常に綺麗な状態を保っており、お勧めの個体です。